ホーム » 毎日の徒然9 » インプラントは決して虫歯になりません

インプラントは決して虫歯になりません

インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診て貰わなくてはなりません。
歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してみてくださいね。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてみてくださいね。
虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。
麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を初めるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れと共に痛みを感じることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。歯科治療はすべて同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いワケはなく、アフターケアが寿命を決定します。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないと歯周病などのリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)が増します。皆様がインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって大聞く異なります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。
これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。